女性の海外一人旅で心がけたい30の鉄則


読んだ お気に入り(3)

【Part28】

1でのは、
づくである



1人での海外旅行は、行動力の重要性に気づく修行である。 | 女性の海外一人旅で心がけたい30の鉄則

生は、行動するだけ前へ進めます。

恋愛は、じっとしていればうまくいくことはありません。

積極的に電話をしたりデートをしたりなど、何か行動をすることで相手に気持ちが伝わり、うまくいきます。

仕事もじっとしていれば、偉業が達成できるわけではありません。

一生懸命に知恵を振り絞りながら、体を動かして試行錯誤と悪戦苦闘を積み重ねるからこそ、大きな仕事が達成できます。

勉強にせよ、育児にせよ、夫婦関係にせよ、なんでもそうです。

人生は「行動力」です。

行動した人がうまくいき、行動しなければ何も前へは進めない。

それだけです。

人生をよくしたいと思うのなら、じっと悩んでいないで、なにか行動をすることです。

その一歩で、人生が変わります。

そういう意味で、1人で海外旅行へ行くというのは、自分を磨くチャンスなのです。

積極的に行動せざるをえない状況に、自分を陥れる行為だからです。

今までじっとしていた自分に「動け! 動け!」と鞭を打つ時間です。

ホテルの予約をしたり、時間を気にしたり、防犯面に気を配ったり、行き先を決めたり、1人で食事をしたりなどです。

決断せざるをえない。

勇気を出さざるをえない。

必死にならざるをえない。

そういう行動せざるをえない状況だからこそ、いいのです。

1人での海外旅行は大変です。

大変ですが、自分を引き締め、行動力を鍛えるいい機会になります。

このことに気づく修行なのです。

行動力を磨く修行なのです。



女性の海外一人旅で心がけたい鉄則 Part28

1き、
せざるをえないれる


 

 共有


 マイページ



メモ

 次の記事


 あわせて読みたい


 キーワード


 同じカテゴリーの作品


 

 もくじ(女性の海外一人旅で心がけたい30の鉄則)

  1. 海外へ一人旅をする女性は、多い。
  2. 女性1人の海外旅行は「おしゃれ」より「安全」を最重視すべし。
  3. 安全意識を変えるのは「自分は大丈夫」という考えをやめることから。
  4. 治安がよいという情報をうのみにしない。女性1人の海外旅行に、治安の善しあしは関係ない。
  5. パッケージツアーで行く一人旅なら、親を説得しやすい。
  6. 海外でも使える携帯電話は、女性の一人旅には必須アイテム。
  7. プロの泥棒は「親切にされると断りにくい」という人間心理を、突いてくる。
  8. どんなに方向音痴の女性でも、GPS機能が付いた携帯電話があれば怖くない。
  9. 手持ちや肩掛けのバッグ類は、持たない。
  10. 無表情は、防犯対策に意外な効果を発揮する。
  11. 高揚する気持ちはあっても、露出はできるだけ控える。
  12. 肩より下まで髪が伸びているのなら、ゴムで束ねたほうがいい3つの理由。
  13. テーブルの上に1セントだけ置いて帰る客。その心とは。
  14. 親切すぎるホテルのメイドサービスを、ありがた迷惑に感じるときの対処法。
  15. 泥棒は、ホテルの宿泊客のふりをして、部屋に入ろうとする。
  16. 海外で見た、最もひどい女性のケース。
  17. 母国でモテない人ほど、海外ではモテる?
  18. 左手の薬指の指輪は、強力なお守り効果がある。
  19. 女性が簡易宿泊施設を利用するときは「女性専用」を選ぶこと。
  20. 女性1人で気軽にタクシーを使うのは、危険。
  21. 女性1人なら、ホテルのマネージャーを味方につけよ。
  22. 通貨の両替を母国内で済ませておくほうが、安心と安全が得られやすい。
  23. せっかくの海外旅行を、生理のせいで台無しにしない工夫。
  24. どんなに疲れても、貴重品が入った手荷物だけは、体から離さないこと。
  25. 褒めまくる人の目的は2つ。あなたの「体」か「お金」。
  26. 妻1人の海外旅行は、夫や子供がいるときにこそ、したほうがいい。
  27. アラーム付き腕時計で、遅刻を防ぐ。
  28. 1人での海外旅行は、行動力の重要性に気づく修行である。
  29. 世界中どこでも使える、丁寧な断り言葉。
  30. 男性から強引に肉体関係を求められたとき、うまく逃げるための最後の切り札。