執筆者:水口貴博

まとめ
(出世の道を歩む30の方法)
出世の道を歩む30の方法

  • 「言行一致」を心がける。
  • 清潔感のある小ぎれいな身だしなみを心がける。
  • 「仕事ができる人」を目指す。
  • スタンドプレーはしない。
  • 「先手の挨拶」「笑顔の挨拶」「分け隔てない挨拶」を心がける。
  • 愚痴・悪口・噂話は、禁句にする。 大きな不満があるなら、問題提起・改善要望として伝えて解決を促す。
  • 上司との面談で、きちんと「出世希望」を伝える。
  • 言われたことだけやるのではなく、仕事に付加価値を加える。
  • 認め上手になって、上司の良いところをどんどん認めていく。
  • 積極的に調整役を引き受け、調整力を身につける。
  • 会社の近くに引っ越しする。
  • 出席・欠席にかかわらず、会議の議事録はきちんと確認する。
  • 頑固はやめて、素直を心がける。
  • 報告・連絡・相談を「普通にする」ではなく「徹底的にする」を心がける。
  • 論理的思考を身につける。
  • 単なるイエスマンになるのではなく、重要な場面ではきちんと意見を述べる。 上司に意見を述べるときには、言い方に十分注意する。
  • 上司の好みや価値観を把握して、それに従って対処していく。
  • 細切れ時間は、大きな仕事をするのではなく、短い時間で完結するような小さな仕事をする。
  • 仕事の成果だけでなく、良好な人間関係作りも意識する。
  • 上司に「出世の必要条件」を質問してみる。
  • ポジティブ思考を身につけて、落ち込みにくい人になる。
  • 打ち合わせは、開始時間だけでなく、終了時間も決めておく。
  • 会社のイベントには積極的に参加する。
  • 人前では腕組みを控える。
  • 人の失敗は、ばかにして笑うのではなく、学びに変える。
  • ずっと全力で仕事をするのではなく、上手に手抜きをして、結果を出していく。
  • 日頃から自己投資を心がける。
  • 潔く謝り、自分の非を素直に認める印象を与える。
  • すぐ人に聞くのではなく、まず自分の頭で考える習慣をつける。
  • 仕事と無関係の趣味や遊びを楽しんで、プライベートを充実させる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION