執筆者:水口貴博

まとめ
(文章がうまくなる30の方法)
文章がうまくなる30の方法

  • 下手でもいいから、まず書いてみる。
  • 「読みやすさ、わかりやすさ、面白さ」を、大切にする。
  • 結論から書き始める。
  • 漢字を使いすぎないようにする。
  • 聞いても理解できる文章を書く。
  • 言い切った文章を書く。
  • よい文章を書くために、たくさん本を読む。
  • 最低の文章は「どこが、なぜ最低なのか」を考えてみる。
  • 「気持ちの流れ」で書く。
  • 文法を気にしすぎないようにする。
  • 気持ちや強調は、感嘆符の使用は控え、表現力を工夫して伝える。
  • 文章の最後は、句点まで、しっかり言い切る。
  • 「ダメ」という言い方をやめて「すればいい」と書き換える。
  • 自分が経験したエピソードを入れる。
  • 一文を、短くする。
  • 「書く技術」より「観察力」を身につける。
  • 読者の気を引くタイトルをつける。
  • 横書きの場合は、アラビア数字を使う。
  • 「箇条書き」で、書く。
  • 字のサイズを大きめにする。
  • 「その、あの」を、使いすぎないようにする。
  • 同じ表現ばかり、使いすぎないようにする。
  • すべてを書ききらないようにする。
  • 話の最後を、わざと、面白いところで終わらせてみる。
  • 自分の失敗談をネタにする。
  • 失敗から這い上がってきたエピソードを、紹介する。
  • 自分の文章を、他人に読んで評価してもらう。
  • 文章に余白を作り、文章のリズムをつけてみる。
  • 書くことを「習慣」にする。
  • 人から共感される文章を、書く。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION