和食の30の食事マナー


和食の30の食事マナー


もくじ

1
日本人の手先の器用さは、箸の文化が作った。
2
和食マナーの最大のポイントは、箸の使い方。
3
箸先は、その人の育ちや教養がかいま見える部分。
4
箸使いの美しさは、箸を取るときから始まっている。
5
前かがみになり、自分から食器に口を近づけて食べるのはマナー違反。
6
和食では、原則としてハンカチは使わず、懐紙を使う。
7
懐紙を使う、主な3つの場面。
8
せっかく汚れを隠すために懐紙を使っても、その場に残していくのは意味がない。
9
懐紙は、普段はメモ用紙として持参すれば、邪魔にはならない。
10
割り箸は、左右に割るのではなく、上下に割るのが正しいマナー。
11
「食べ方は個人の自由」自由と思えるこの言葉には、思わぬ危険が含まれている。
12
季節によって会席料理のメニューが変わる大切な意味とは。
13
蓋付きの吸い物は、できるだけ早めに手をつける。
14
吸い物の蓋が開けにくいときの上手な対処法。
15
吸い物の貝が問題だ。
さて、どう食べる?

 

16
吸い物の蓋を開けたときの水滴。
あなたはどうしていますか。
17
ご飯を口に含めたまま香の物を食べるのはいいが、吸い物をいただくのはよくない。
18
器を移動させるときの2つの注意点。
19
取った蓋は、盆の外に置くのがポイント。
20
箸を持ったまま、片手で器を持ち上げない
21
手に持ってよい器。
手に持ってはいけない器。
22
魚の骨の間から、身をつままない。
23
刺し身を食べるとき、しょうゆにわさびを混ぜるのは、控えたい食べ方。
24
ご飯をおかわりするときのマナー。
25
食事中、箸を休めるときのルール。
26
使い終わった箸のマナー。
27
つまようじは、使い方に注意が必要。
28
食べ終わった器を重ねない。
29
おしぼりは、手を拭くためのもの。
それ以外の用途で使わない。
30
食べ残しは、料理人への改善のメッセージになる。