まとめ
(魅力的なプレゼンをする30のコツ)
魅力的なプレゼンをする30のコツ

  • 大きなスクリーンを使うとき、必ずポインターを使いながら説明する。
  • 企画書を提出する。
  • SDS法やPREP法にのっとったプレゼンをする。
  • テーマを作って、冒頭で発表する。
  • 「売り上げが向上する」「信用が増す」「問題が解決できる」のキーフレーズを含める。
  • 原稿なしのプレゼンに、挑戦する。
  • 問いかける言葉を、含める。
  • 要点を、徹底的に短くまとめる。
  • アクシデントは、ジョークに変える。
  • 相手をよく知って、問題点と解決策を見いだす。
  • プレゼンの資料は文語体で書き、口頭説明は口語体にする。
  • 使い慣れた機器で、プレゼンをする。
  • 「見た目」「話し方」「言葉」の順に、力を入れる。
  • 開催時間を調整できるなら、午前にする。
  • 資料作成が目的化しないように、気をつける。
  • 熱意が伝わるプレゼンをする。
  • よいプレゼンをたくさん受講して、吸収する。
  • インターネットの動画サイトでプレゼンを視聴して、参考になる部分を吸収する。
  • 本場が終わった後は、気づいたことをメモしておく。
  • 最初の10分間は、特に力を入れる。
  • プレゼンが始まって10分以内に、最重要事項を発表して、聞き手の心をつかむ。
  • 30分ごとに、休憩を入れる。
  • 整った言葉遣いの練習として、電話対応を徹底する。
  • 聞き手にアクションをさせる演出を仕掛ける。
  • 万が一に備え、データは2つに分けて持ち歩くようにする。
  • 開始と終了を厳守する。
  • 発表者の不幸にちなんだ体験談を、混ぜる。
  • 「詳しくは資料を見てください」と言いそうな部分は、あらかじめ削っておく。
  • 実物や試作品を会場に持参して、聞き手全員に触れられるようにする。
  • 参加者全員と目を合わせられるように、心がける。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION