人生の教科書



読み上げ動画・音声

チェックシート
(完璧主義を治す30の方法)

使い方

30の質問に答えて、チェックの入っていない文章を読むだけでOKです。

チェックが入っていない項目は、あなたに足りない要素である可能性が高いためです。

自分のメールアドレスに結果を送信したい場合は、1番下の「チェック結果をメールで送信する」を押してください。

※本サービスは、マイページユーザー専用の機能です。

1.完璧主義の程度がひどいなら、できるだけ治すように努力している。
2.「完璧主義を治す」と意識している。
3.完璧主義の長所・メリットを確認している。
4.完璧主義の短所・デメリットを確認して、注意している。
5.うまくいかなくても、自分を責めず、希望を与えるようにしている。
6.自分の中で「70点満点」と再定義して、完璧の基準を下げている。
7.100点満点ではなく、合格点を意識している。
8.相手に完璧を求めるのはやめている。
9.グレーの価値観を取り入れている。
10.完璧主義ではなく最善主義を心がけている。
11.ミスの許容範囲を広げている。
12.目標の達成ではなく、目的の達成を意識している。
13.不得意なことを経験して、ミスや失敗をたくさん経験している。
14.少しずつ仕事を人に任せている。
15.完璧を人に押し付けないように注意している。
16.深みにはまりそうなら、最初から関わらないようにしている。
17.限界を知り、適度の目安を意識している。
18.「そんなにこだわって何の意味があるの?」と自分に問いかけ、客観性と柔軟性を取り戻している。
19.先に休暇の予定を入れて、過労やストレスをためすぎないようにしている。
20.時間のかかる仕事を考慮しながら、優先順位を考えている。
21.他人の適正や才能を真似するのではなく、自分は自分の適正と才能を見つけ、集中している。
22.「完璧にしよう」と思うのはやめ「適当にしよう」と思うようにしている。
23.いったん結果のことは忘れ、過程を楽しむようにしている。
24.自分が納得する範囲を広げている。
25.達成できなかった部分より達成できた部分に着目しながら、未達成で満足する経験を積み重ねている。
26.そもそも完璧にできないことではないか、よく考えている。
27.「まだまだ人生は長い」と意識して、心に余裕を作っている。
28.肩の力を抜いて、深く呼吸をしている。
29.諦めることを前進と考え、上手に自分を許している。
30.無駄になった経験は「別の機会で生かされる」と考えている。