読み上げ動画・音声

チェックシート
(同棲のお金と生活費を考える30のポイント)

使い方

30の質問に答えて、チェックの入っていない文章を読むだけでOKです。
チェックが入っていない項目は、あなたに足りない要素である可能性が高いためです。

自分のメールアドレスに結果を送信したい場合は、1番下の「チェック結果をメールで送信する」を押してください。
※本サービスは、マイページユーザー専用の機能です。
1.同棲を始めたら、同時に節約も始めている。
2.家賃は「何とか払えそう」より「十分払える」という程度にしている。
3.お金のルールは、曖昧にせず、しっかり話し合って決めている。
4.パートナーのお金の価値観は、しっかり確認している。
5.共通の財布を作って、貯金や生活費として活用している。
6.家事や生活費は、少しだけ男性が多く負担している。
7.同棲を機に家計簿を始めて、金銭感覚の向上に役立てている。
8.生活費を固定費と変動費に分けて考えている。 節約として取り組むなら、最初に固定費、次に変動費にしている。
9.同棲の生活費を削るなら、食費に重点を置いている。
10.食費を節約する工夫を、手間暇を惜しまず、徹底している。
11.収入を軸にして、生活費の内訳を考えている。
12.共通の財布からデート代を出すといいでしょっている。
13.プレゼント代だけは、共通の財布ではなく、自分の財布から出すようにしている。
14.2人で公共料金を確認して、節約意識・金銭感覚を向上させている。
15.相手に浪費癖があっても、諦めるのではなく、改善できる工夫をしている。
16.小遣い制の導入は、よく話し合った上で決めている。
17.小遣い制を導入するなら、自分のルールや考え方を押し付けないように注意している。
18.同棲の生活費に、急な出来事に備えて、予備費を考慮している。
19.節約をゲームとして受け入れている。
20.雑誌の載っている同棲カップルは、あくまで参考の1つとしている。 「立派な同棲」ではなく「無理のない同棲」を実現させている。
21.学費の返済を毎月の固定費として、生活費の計算に入れている。
22.自分の買い物は、自分の財布から出すようにしている。
23.貯金は、目標額を設定している。
24.できるだけ共働きをして、今のうちにしっかり貯金を貯めている。
25.同棲して貯めたお金は、引き出しにくい状況にしている。
26.浪費を減らし、投資を増やしている。
27.同棲の生活費が足りない場合、現実的な対策で乗り切っている。
28.本当に必要なことには、きちんとお金を使っている。
29.失業を最小限に抑えてもらい、できるだけ早めの再就職をお願いしている。
30.失業中のパートナーの生活費を出すなら「期限付き」にしている。