就職活動

女性の就職活動で大切な
30のポイント

読んだ お気に入り0
11

どうしてもストッキングを履きたくないときの2つの代替手段。

どうしてもストッキングを履きたくないときの2つの代替手段。 | 女性の就職活動で大切な30のポイント

女性の就職活動では、ストッキングの着用がマナーです。

就職活動は公式の場です。

身だしなみの1つとして、ストッキングの着用が求められます。

 

ただし「どうしてもストッキングを履きたくない」というこだわりを持つ女性もいるかもしれません。

この場合、次の2つの代替手段があります。

  1. ハイソックス

ストッキングの代わりとして、太ももから下に履くハイソックスなら、許容範囲です。

できるだけストッキングと素材の似たハイソックスを選びます。

スカートの下だけ見れば、ほぼストッキングと同じ様子に見えます。

ハイソックスがずり落ちて気になる場合は、ガーターを利用するといいでしょう。

  1. パンツスーツとクルーストッキング

スカートをやめて、パンツスーツにする方法もあります。

足の地肌がほとんど隠れるため、ストッキングを履かなくても、気づかれにくくなります。

 

ただし、パンツスーツと靴下の組み合わせは、不自然です。

地肌が見える足首は、クルーストッキングがおすすめです。

クルーストッキングが靴下のような役目を果たすため、靴擦れを防ぐ効果もあります。

それでも摩擦が気になるなら、さらにばんそうこうを貼っておくと、なお効果的です。

まとめ

女性の就職活動で大切なポイント その11
  • どうしてもストッキングを履きたくない場合は、ハイソックスかパンツスーツでしのぐ。
就職活動の場面に応じて、パンプスを使い分ける。

もくじ
女性の就職活動で大切な30のポイント
どうしてもストッキングを履きたくないときの2つの代替手段。 | 女性の就職活動で大切な30のポイント

  1. 女性らしさを誤解しない。
  2. 写真を撮るなら、ヘアメイク付きの写真館。
  3. 就職活動では、スタイルより、歩きやすさを重視した靴がふさわしい。
  4. ポニーテールの結び目を工夫するだけで、明るくシャープに見せる方法とは。
  5. 面接でネックレスをするときに心がけたい、5つのポイント。
  6. 面接でパンツスーツは、不利になるのか。
  7. ずり上がったスカートを引っ張るしぐさに要注意。
  8. 女性にとって、比較的自由度の高いファッションアイテムとは。
  9. スーツの場合、ストッキングを履かないといけないのか。
  10. 伝線したストッキングと素足。
    どちらが好ましいのか。
  11. どうしてもストッキングを履きたくないときの2つの代替手段。
  12. 就職活動の場面に応じて、パンプスを使い分ける。
  13. 傘も日傘も持ち歩きたいときは、折りたたみ式の晴雨兼用傘。
  14. 肩掛けタイプのバッグでも、肩に掛けない。
  15. 髪の毛を何度も触ってしまう髪型なら、対策が必要。
  16. 女性なら、メイクも身だしなみの1つ。
    美しさは武器になる。
  17. 就職活動のメイクは、業界や職種によって異なる。
  18. 肌が弱くても、メイクは必要なのか。
  19. 色黒と清潔感は、似て非なるもの。
  20. 出産すれば、仕事はどうするつもりか。
  21. 出産休暇や育児休業について、面接で聞いていいのか。
  22. 女性に対する企業の対応を知るには、やはりOB・OG訪問。
  23. 知りたい理由を加えていたとしても、セクハラはセクハラ。
  24. 結婚や妊娠を機に仕事を辞める考えがあれば、面接でも伝えたほうがいいのか。
  25. キャリアを積みながら子育てもしたい。
    就職活動は、どうすればいいのか。
  26. シングルマザーであることは、面接で伝えたほうがいいのか。
  27. 子持ちの女性が、面接を乗り越えるコツ。
  28. 仕事よりプライベートを優先させたいときは、どうすればいいか。
  29. 男女差別を感じたとき、どうするか。
  30. 何でも疑心暗鬼になり、すぐ男女差別に結びつけるのもよくない。

同じカテゴリーの作品