就職活動

女性の就職活動で大切な
30のポイント

  • 女性らしさを誤解しない。
女性の就職活動で大切な30のポイント

もくじ
  1. 女性らしさを誤解しない。

    女性には、女性らしい行動が求められます。
    就職活動でも、女性らしさを出したほうが自然に見え、採用担当者の印象もよくなるでしょう。
     

  2. 写真を撮るなら、ヘアメイク付きの写真館。

    履歴書に使用する写真は、写真館で撮るのが賢明です。
    スピード写真と写真館とでは、仕上がりが断然違います。
    写真館では、プロのカメラマンが表情や角度など、就職活動に適した様子をアドバイスしてくれます。

  3. 就職活動では、スタイルより、歩きやすさを重視した靴がふさわしい。

    女性にとって、足を長く見せることができる靴といえば、ヒールです。
    かかとが高く上がったヒールは、スタイルを美しく見せる効果があります。
    就職活動でもヒールを履いて、自分を大きく見せたい気持ちもあるでしょう。

  4. ポニーテールの結び目を工夫するだけで、明るくシャープに見せる方法とは。

    若い女性に人気の髪型の1つが、ポニーテールです。
    髪の毛先を、ポニーのしっぽのように垂らした髪型として有名ですね。
    若々しく、女性らしい雰囲気があります。

  5. 面接でネックレスをするときに心がけたい、5つのポイント。

    女性の場合、面接では基本的にネックレスは不要です。
    就職活動では、加点を狙うより、減点を避けるのが賢明です。
    TPOに合わせてネックレスを選ぶのは、意外に難しい。

  6. 面接でパンツスーツは、不利になるのか。

    女性の場合、面接ではスカートが一般的です。
    女性が面接でパンツスーツは、不利になるのでしょうか。
    基本的に、不利になることはないでしょう。

  7. ずり上がったスカートを引っ張るしぐさに要注意。

    面接で椅子に座ったとき、スカートがずり上がることがあります。
    スカートがずり上がれば、元の位置に戻すため、スカートを手で引っ張るでしょう。
    自然な動作に思えますが、注意が必要です。

  8. 女性にとって、比較的自由度の高いファッションアイテムとは。

    就職活動の服装といえば、おしゃれを楽しみにくい状況があります。
    スーツといえば、余分な装飾のない、黒かグレー。
    靴といえば、黒の地味で歩きやすいパンプスかヒール。

  9. スーツの場合、ストッキングを履かないといけないのか。

    ストッキングの圧迫感が苦手という女性もいるでしょう。
     
    たしかに素足のほうが違和感はなく、楽です。

  10. 伝線したストッキングと素足。
    どちらが好ましいのか。

    スーツを着ているときは、ストッキングの着用が基本です。
    就職活動とはいえ、ビジネス活動の一環ですから、社会人らしい身だしなみが必要です。
     

  11. どうしてもストッキングを履きたくないときの2つの代替手段。

    女性の就職活動では、ストッキングの着用がマナーです。
    就職活動は公式の場です。
    身だしなみの1つとして、ストッキングの着用が求められます。

  12. 就職活動の場面に応じて、パンプスを使い分ける。

    就職活動の場面に応じて、パンプスを使い分けるのもいいアイデアです。
    女性が就職活動で履く靴は、パンプスが一般的です。
    ひも・留め金・ベルトなどがないため、履きやすくて歩きやすいのが特徴です。

  13. 傘も日傘も持ち歩きたいときは、折りたたみ式の晴雨兼用傘。

    夏の就職活動では、傘の判断に困る瞬間があります。
    夏場は日傘を持ち歩きたい。
    女性の場合、炎天下を日傘なしで歩くと、汗のため、化粧崩れの原因になります。

  14. 肩掛けタイプのバッグでも、肩に掛けない。

    就職活動の女性用バッグといえば、肩掛けタイプが定番です。
    肩に掛けることができれば、両手が自由に使えるため、便利ですね。
    肩掛けタイプカバンが多く売られているため、すでに持っている女性も多いのではないでしょうか。

  15. 髪の毛を何度も触ってしまう髪型なら、対策が必要。

    女性の場合、髪の毛をどうするかです。
    お辞儀をしたとき、髪の毛が顔に前にかかることがあります。
    このとき、手で払ったり直したりするのはよくありません。

  16. 女性なら、メイクも身だしなみの1つ。
    美しさは武器になる。

    すべての女性が、メイクに興味があるとは限りません。
    中には、メイクに興味がなかったり苦手だったりする女性も多いのではないでしょうか。
    「メイクに興味がない。うまくできない。素顔のままで面接を受ける」

  17. 就職活動のメイクは、業界や職種によって異なる。

    メイクは、ただきれいに仕上げればいいわけではありません。
    就職活動のメイクとはいえ、業界や職種によって異なります。
     

  18. 肌が弱くても、メイクは必要なのか。

    メイクが苦手とは違う理由で、メイクをしない女性がいます。
    肌が弱い場合です。
     

  19. 色黒と清潔感は、似て非なるもの。

    女性の中には、もともと色黒の人もいるでしょう。
    スポーツをしていて、日焼けをしている女性もいるかもしれません。
    面接では清潔感が大切ですから、メイクで色白に整えようと思いますが、ちょっと待ってください。

  20. 出産すれば、仕事はどうするつもりか。

    出産すれば、仕事はどうするつもりか。
    これは男性にも関係する課題ですが、特に女性においては重要です。
    女性の場合、妊娠があるからです。

  21. 出産休暇や育児休業について、面接で聞いていいのか。

    出産休暇や育児休業を気にする女性も多いでしょう。
    結婚して妊娠すれば、仕事に支障が出ます。
    出産休暇や育児休業が取れるかどうかで、人生の道が大きく分かれます。

  22. 女性に対する企業の対応を知るには、やはりOB・OG訪問。

    女性に対する企業の対応は、さまざまです。
    女性の活躍を求めている企業もあれば、そうでない企業もあります。
    仕事の機会を男女平等に与える企業もあれば、そうでない企業もあります。

  23. 知りたい理由を加えていたとしても、セクハラはセクハラ。

    セクハラになるのか、微妙な質問があります。
    「制服を着てもらうかもしれません。スリーサイズを教えてください」
    「明るく社交的とのことですが、友達もたくさんいそうですね。今まで付き合ってきた人の数を教えてください」

  24. 結婚や妊娠を機に仕事を辞める考えがあれば、面接でも伝えたほうがいいのか。

    結婚や妊娠を機に、仕事を辞める考えの女性もいるでしょう。
    キャリアを積みたい女性もいれば、専業主婦を希望する女性もいます。
    面接では正直な回答が大切でも、ここは注意が必要です。

  25. キャリアを積みながら子育てもしたい。
    就職活動は、どうすればいいのか。

    「キャリアを積みながら子育てもしたい」
    そう願う女性は多いでしょう。
    ただそう願っても、難しい現実があります。

  26. シングルマザーであることは、面接で伝えたほうがいいのか。

    シングルマザーとは何か。
    シングルマザーとは、離婚・別居・死別などの事情で、子供を1人で育てている母親のことです。
    シングルマザーが子供を育てるのは、大変です。

  27. 子持ちの女性が、面接を乗り越えるコツ。

    女性の中には、子持ちで就職活動をする人もいるでしょう。
    幼い子供がいる女性に対して、企業は、ある不安を抱きます。
    「子供の影響で、仕事を休みがちになるのではないか」という不安です。

  28. 仕事よりプライベートを優先させたいときは、どうすればいいか。

    仕事への考え方は、人によって異なります。
    中には、仕事よりプライベートを優先させたいと考える人もいるでしょう。
    もちろん考え方は人それぞれですから、プライベートを優先させたいと考えるのも自由です。

  29. 男女差別を感じたとき、どうするか。

    就職活動で男女差別を感じたとき、どうするかです。
    女性という理由で失礼な対応を受け、悔しい思いをすることがあります。
    「悔しい」「仕方ない」という一言で終わらせることもできますが、それでは改善がありません。

  30. 何でも疑心暗鬼になり、すぐ男女差別に結びつけるのもよくない。

    ある男女が、同じ企業へ資料請求したにもかかわらず、性別で対応が異なる場合があります。
    男性には資料が届いても、女性には資料が届かない。
    そんな状況があれば、まず思い浮かぶのが、男女差別です。

同じカテゴリーの作品